読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷めても醒めないでね

 

 

 

A.B.C-Zを好きだということがステータス。

その中で感情の浮き沈みがある。

すげえ好きだとか、今冷めてるわ、とか。

軽率に湧いたり、かと思えばスッと冷めてる状態に戻ったり。

これは、処方された薬を飲んでいて一番起こることで、正直かなり困っている。

 

 

 

違う薬だったときや薬を飲んでいなかったときは、ただひたすら好きだった。

なのに今は「このままファンを辞めてしまうかも」と思うくらい、普段冷めている。

ファンを続けるにはお金が必要で、でも稼ぎに行けるような体力はなくて、現時点で「ファンを辞めそうだから無理して稼ぎに行かなくてもいいか」っていう考えに辿り着いて、ずっと家で頭が痛いだとか吐きそうだとかお腹が痛いだとか食欲なんてないだとかほざいて布団に入ってその症状に耐えている。

 

 

 

そして、記憶力がとても低下している。

だから、今のうちに私から私に向けたお願い…というか、問いかけ。

 

私、今までたっくさんの幸せをもらったでしょう?それを忘れないでね。

A.B.C-Zのおかげで、見える世界がガラッと変わったでしょう?毎日が楽しくて仕方なくなったでしょう?今、こうして生きているでしょう?

それを、病気と薬に影響されて忘れて、あっさり冷めて、醒めて、ステータスじゃなくしたりはしないでね。

趣味がなくなってしまうのはダメだって、そこはキープしなくちゃダメだって、お医者さんも言ってた。私も分かってるし、本当にその通りだと思う。

A.B.C-Zから離れてしまったら、楽しみや幸せから必ず遠ざかることになる。生きる楽しみが、理由が、なくなってしまう。

 

 

 

だから、冷めても醒めないでね。